コスプレというサブカルチャーについて

最終更新日

スポンサードサーチ

コスプレというサブカルチャーについて

 

かれこれコスプレを始めて6年が経っていました。黒空です。

頻度こそ少なくなっていますがまだまだコスプレしたい欲と楽しみたい欲で溢れています!

 

今回はコスプレついてメモ書き程度に!

 

最近はネットで買える新品の衣装がどんどん安くなってて驚いています。

 

正直ネットで安く買えるアニメ系のコスプレ衣装はどっかの海外業者とかが勝手に作ってるからあんまりおすすめしたくはないのだけれど 泣

 

安く買えるからより多くの人がコスプレしやすくなったおかげで、コスプレ文化もここまで大きくなって

 

スタジオとかも増えてさらに安く利用できる場所も増えてんだろうな、とも思うので少なからず恩恵も受けてるだろうからあんまり偉そうなことは言えませんけれども。

 

 

自分がコスプレ始めた当初(2011年ごろ)はまだまだ今(2019年)と比べると衣装とかウィッグも高くて公式さまの衣装とか、国内の衣装サークル様のものが流通はメインだった気がします。

 

 

ウイッグも今みたいに2000円とかで全然買えなくてショートでも4000円とか5000円近かった記憶です。

 

簡単な学園モノ制服系衣装も安くて13000円とか15000円とか!

 

 

それよりもっと前からコスプレしている方のお話を聞くと、衣装なんてオーダーメイドしかなかったから1着3万円超えるのはザラだったよ、とか

全部自分で作るしかなかったよ、とか

ウィッグはほんとにカツラとかしかなかったし、地毛でやってるのが普通だよーとか

 

 

今はネットでキャラにセットされてるウィッグで2000円とか3000円とかで買えるもんね、すごい。

衣装だって学園モノアニメのブレザー+パンツ+シャツ+ベルトとかで1万円しないもんなぁー、5000円とかで買えたりするよね、すごい!

 

 

あとカラコンもすごいよね!!!自分が始めた当初はそんなにみんながみんなカラコンじゃなかった気がするなぁ。

 

新しいメイク技術とかもどんどん生まれてるし、コスプレメイクの中にも流行があって面白いなーなんて思ったり。

 

 

 

本来オタクって隠れてやる趣味だったのだけれど、もう今は堂々とオタクです、コスプレしてます、っていう人もいっぱいいるよね。

 

サブカルチャーってマイナー(マイノリティ)から始まって、どんどん大きくなってメジャーになって、行きつく先は廃れていくのが主なんだけど、

コスプレってまだまだ広がっていきそうな文化な気がしています。

世間一般にしてみたらまだまだ色眼鏡で見られたりする小さい文化だから、そのうちオリンピック競技みたいにならないかな。

 

いやーほんと面白いですよ!

 

 

という支離滅裂な小話でした!

ホントは都内のコスプレショップまとめようと思ってたんですが次にします!爆

 

コスプレは芸術だ

 

 

kurozora